top of page
Rie Kato
加藤理恵

一般社団法人国際油脂栄養協会代表理事

オイルアナリスト/栄養コンサルタント

 

はじめまして。代表理事の加藤理恵です。

国際油脂栄養協会のホームページへお越しいただき、ありがとうございます。

私がなぜ[油の栄養学]を伝えているのか?

私には3人の子どもがいます。(小6・小4・小2)

栄養を学び始めたきっかけは、長男の離乳期から発症した数々のアレルギー。

喘息が一番酷かった長男。離乳期から発症した食物アレルギーは、ほぼ全種類。

食べられるものがあまりありませんでした。当時、栄養の知識がなかったことを反省しています。

他力本願だった頃、何も考えずに過ごし、発症したら病院へ行く日々に疑問を持たず

原因が食生活にもあることなど、考えもしていませんでした。

病院へ行っても、対処療法=薬だけでは良くなる兆しがなく、これだけでは根本的原因の解決にはならないのでは?と気づきました。

母親である私ができることは何か?を真剣に考えた結果、手当たり次第にあらゆることを試しましたが、たどり着いた答えは、バランスの良い食、栄養学でした。

一般的なカロリーだけで考える栄養学ではなく、分子栄養学から臨床栄養医学、薬膳的な考え方まで幅広く学び、取り組んできました。

 

​You're what you eat? 〜食べたもので体はつくられる〜

この当たり前のことに真剣に向き合った結果、ステロイド吸入をしていたひどい喘息は徐々に薬が要らなくなり、完治。食物アレルギーは耳掻き一杯から始め、入園前には全種類食べられるようになりました。

2歳差で生まれた次男、長女も同じく食物アレルギーがありましたが、かなり軽度で、長男の時よりも随分と早い時期に克服しました。

食事療法は油が肝心

飛躍的に改善することになったキーポイント、それは「アブラ」だと確信しています。

つまりは、三大栄養素の「脂質」。(もちろんそれ以外にも様々な要因が複雑に絡み合う事も事実です

これは、どんな油を選んだら良いのかといった単純なことではなく、

カラダの構成成分としての脂質と、エネルギー産生栄養素としての脂質と、両面から考える必要があります。そして様々な食品に含まれる脂質や、隠れ油、食材に含まれる脂質、調理油。

脂質栄養学は他の栄養素に比べ研究が後発分野のため、未解明な部分が多かったジャンルです。

脂質は数十年前から徐々に研究が進み、脂質の代謝や生化学的な反応が明らかになってきました。

しかし、口から摂取したアブラが炎症を起こす物質になることなど、まだまだ一般家庭には知られるはずも無く、私はこの部分のブリッジになりたいと考えています。

食を気をつけ始めるとまず、添加物、農薬、遺伝子組み換えなどを気を付ける方が多く、もちろんそれらを気をつけることも大事なことなのですが、意外と「油」は盲点になっているのではないでしょうか?

実は、油・脂質こそがまず、一番最初に気を付けたいポイントです。

油には炎症を起こし、促進してしまう種類のアブラ・抑制する種類のアブラがあります。

脂質からエイコサノイド(生理活性物質)がつくられます。

 

脂質(=アブラ)は、身体の構成材料(脳の約65%・ホルモンなど)そしてエネルギー源です。

脂質をメインエネルギーにすることで糖質の代謝が阻害され、糖を上手く使えない身体にして

しまうことも問題です。

​カラダにとって脂質は、実はとても意識しなければならない栄養素。

そして、現代人の食生活は自覚なく脂質過剰です。(国民健康・栄養調査より)

アブラから始めるバランスの良い食事、代謝を正常にする、体質改善の要になることを

人生をかけて伝えたい。そう思い、活動しています。

食は生命の基本。食は、「人を良くする」と書きます。

是非、自分と大切な家族の健康を、アブラを知ることから始めてみてください。

圧倒的な栄養センスをアップさせる、国際油脂栄養協会です。

D60E7BE5-D5A0-4CB2-AE15-88B1CC3EDBCB.jpeg
  • Instagram ブラックアイコン
Unknown.png

公式LINE

bottom of page